Q & A

Qestions.

Q1:設計事務所はどんな仕事をしているのですか?

Q2:どのように設計を進めるのですか?設計料はいつ支払うのですか?
Q3:設計事務所に依頼すると工事費が高くなりませんか?
Q4:住宅メーカーや工務店とはどう違うのですか?
Q5:設計料って高くないですか?
Q6:設計料っていくらくらいなのですか?
Q7:自分たちの意見を聞いてくれないのでは?
Q8:プランの変更はしてもいいのですか?
Q9:土地探しからの相談もできますか?
Q10:築二十年の住宅の増改築も設計してもらえるのですか?
Q11:実際に出来上がった建物は見学可能ですか?
Q12:自分で壁を塗ったり、棚を作ったりセルフビルドはできますか?




1:設計事務所はどんな仕事をしているのですか?

A1:住宅や一般建築の企画・設計監理、飲食・物販などの店舗やインテリアの企画・設計監理を行います。リホームも手がけますし場合によっては家具のデザインもしています。住空間に係わることなら何でも一度相談してみて下さい。「設計業務」は一般的に「基本設計業務」「実施設計業務」「現場監理業務」の3段階に大別できます。それぞれ重要な業務ですが、当事務所では特に現場監理を重要と考えています。単に品質や工程の監理だけではなく、同じ設計でも監理しだいで空間の質が大きく変わると考えているからです。それは実際の作り手である職人さん達とコミュニケーションが重要だからです。

<< TOP >>


Q2:どのように設計を進めるのですか?設計料はいつ支払うのですか?

A2:「設計・工事監理業務の流れと報酬の支払い時期」を示したフローチャートをご用意しました。詳しくは、このフローチャートをご覧下さい。尚、必要な時間につきましては計画の内容や規模によってケ−スバイケ−スですが、一般的な規模の専用住宅の場合でも最低半年から 1 年前後は必要です。これはハウスメ−カ−などと違い完全に一品生産となる為、各工程で時間を要する為です。

<< TOP >>


Q3:設計事務所に依頼すると工事費が高くなりませんか?

A3:全く逆です。設計段階では性能や予算を考慮して的確に仕様や設備の選択をします。また工務店には詳細な見積書の提出を求め、単価や数量の綿密なチェックをおこない、無駄を省いたガラス張りの工事契約をしていただけます。ただ、住宅メ−カ−や工務店に直接依頼すると経費の中に含まれていて直接目に見えない「設計料」が目に見えるかたちで必要ですが、トータルでは高くなることはありません。

<< TOP >>


Q4:住宅メーカーや工務店とどう違うのですか?

A4:住宅メ−カ−や工務店は一般的に設計と施工を一括して行っています。設計施工で請負うメリットもありますが、住宅のように手の込んだ一品生産品の場合、デメリットのほうが大きいでしょう。「監理業務」の欠陥がそのデメリットの代表的なものです。「監理業務」とは工事が設計図書通りに適切に施工されているかを監理する業務ですが(現場監督とは違います)、設計をした設計者がそれを行うのが一般的です。しかし設計施工を一括で行っている場合、監理する側も監理される側も同じ企業に属している為、監理業務自体が成立しにくい構造と言えますし、放棄されているケ−スもあるようです。 設計事務所が設計・監理を行う場合は、施主と設計者、施工会社がそれぞれ独立した立場を確立できる為、(ABCの関係)上記のケ−スを免れる事ができます。また、施工会社の選択が自由にできるもの大きな違いでしょう。工事費は各社のノウハウや得意分野、時勢などの影響により多種多様なバラツキがあり、一割以上もの差が出ることも稀ではありません。複数の施工会社 に見積を依頼して最も適切な施工会社に発注できるのも設計事務所の特徴です。

<< TOP >>


Q5:設計料って高くないですか?

A5:「設計事務所に頼むから設計料がかかる」は大きな間違いです。住宅メーカーや工務店等は設計料が全体予算の中に組込まれて見えにくいだけです。当然、赤字にならないように施工費で穴埋めがされています。その点、設計事務所は設計監理を施工と分離して専門的におこない、コストの透明化、工事費のチェック、価格交渉、更には現場を隅々まで専門家としての目でチェックしますので、建築費をトータルでおさえながら建物の品質を維持する事ができるのです。実際は、工事費のチェック・コストダウン・業者との価格交渉により設計料程度はカバーできる場合がほとんどです。そして何よりも、世界に一つだけのあなたのための住宅を建てる事ができます。これは設計を専門としている設計事務所にしかできません。特別な空間で生活を送ることに対する対価としての設計料だとご理解下さい。最近では「設計料が無料という事は設計者は無給なの?」「無料でできるような設計しかしてくれないの?」などの施主側の疑問から、 住宅メーカーや工務店等でも 「設計料」の項目で工事費に計上するケ−スも増えてきているようです。

<< TOP >>


Q6:設計料っていくらくらいなのですか?

A6:設計料の算定基準は総工事費の%で算出する方法や、工事規模から想定した人工(にんく)計算による算出方法などがあります。また、それぞれの設計事務所で独自の算定方法を設定されている場合もありますので、実際には様々なケ−スがあるようです。しかしいずれの算出方法を採用しても、一般的に木造住宅一戸建ての場合で総工事費の 10 %程度となるケ−スが多いようです。詳しくはお問い合わせください。

<< TOP >>


Q7:自分たちの意見を聞いてくれないのでは?

A7: 十分な打合せを敷地全体から建物細部にいたるまで何度も繰り返し、一歩ずつ建築主の理想の住宅へと近づいていきます。 設計事務所の設計では、構造から材料まで全てがオーダーメイドですから選択の自由度は無限大です。 その中で、敷地条件、法規制、予算、周辺環境など総合的に判断して、 建築主のご希望や夢を実現することを心掛けています。

<< TOP >>


Q8:プランの変更はしてもいいのですか?

A8:打ち合わせをしていく中で、 建築主 が今まで気にもとめていなかった事でプラン変更があるのはよくあることです。基本設計の段階では打ち合わせの度にプランが変わることもあります。遠慮することはありません、どしどし思ったことや希望を建築家にぶつけてください。建築家はそれを受け止め多角的に検討して、また新しい提案を投げかけます。そんなキャッチボールが多ければ多いほど一歩ずつ理想の住まいに近づきます。ただ、設計が進み実施設計の段階になっての大幅な変更は費用が発生する可能性もありますが、できるだけ早く建築家に相談してください。

<< TOP >>


Q9:土地探しからの相談もできますか?

A9:土地情報を豊富に持つ数社の不動産会社様と提携しておりますので、どうぞご相談ください。敷地条件からどのような建築が可能かのアドバイスもいたします。

<< TOP >>


Q10:築二十年の住宅の増改築も設計してもらえるのですか?


A10:もちろんです。長年住んだ住宅への思い入れを大切にしながら、新築にはない味のある思わぬ空間を創りたいと思います。 20年どころか、100年を超えるような民家のリフォームもさせていただいています。また最近では新たに中古マンションを購入され、改装される方も増えています。

<< TOP >>


Q11:実際に出来上がった建物は見学可能ですか?

A11:物件によっては可能です。ご相談ください。

<< TOP >>


Q12:自分で壁を塗ったり、棚を作ったりセルフビルドはできますか?


A12:できます。但し、専門的な工事部分は、職人に任せたほうが安心です。設計段階で、どこまでを作ってもらい、どこを自分で作るのか相談しながら進めればよいと思います。

<< TOP >>